PICとメカな日々

Webにも萌えにも限界を感じたオタクがPICマイコンをいじる日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受信部の中身

 さらにエアロRCのシャーシを分解してみる。

open.jpg


 購入時に既に取り付け済みの受信部カバーを外すと、中から受信機の基盤が出てくる。

board.jpg


 カバーを空けるとトランジスタとかのディスクリート部品だけで「こんな簡単に作ってあるのか?」と一瞬思うが、

board2.jpg


 裏側にも部品が付いてる。

chip.jpg


 しかも表面実装部品とかチップとかあったりしてそれなりの基盤が。

 まあとにかくPICマイコンを組み込む際にはこの基盤スペースを利用して組み込むことになるか。

 問題は、

chip2.jpg


 この赤丸のところに、受信基盤の下に付いてる電池ボックスの端子も取り付けてあるわけで、マイコンボードに端子も取り付けるかもしくは別途取り付けになりそうな悪寒。

 あとPICマイコン基盤の大きさだな。この受信基盤と同じスペースに押し込むとなると、30mm×50mmくらいの大きさに納める必要がある。
スポンサーサイト

コメント

インテリア小物・置物

インテリア小物・置物を探すなら http://www.mizusumashi-net.org/100804/100863/

  • 2008/09/12(金) 20:03:25 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

アタマジラミでばっちりダイエット

人の頭髪に寄生して頭皮から血を吸う体長1~4mm程度の昆虫で、髪の毛に卵を産みつけて繁殖する http://backing.thriftystmartin.com/

  • 2008/10/14(火) 16:13:31 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

音楽ダウンロード

音楽ダウンロード http://talpina.archiunite.net/

  • 2008/11/30(日) 23:01:41 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dmidorikawa.blog39.fc2.com/tb.php/13-7330149c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。