PICとメカな日々

Webにも萌えにも限界を感じたオタクがPICマイコンをいじる日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ動かない

 そろそろA/D変換とかやってみたいので12F675に移行しようと思って、この本


 
 に載ってたA/D変換した結果をシリアルポート経由でPCに送信するボードを作ってみたが、やっぱ動かない。

 12F675にA/D変換にシリアルポート。こんだけ未経験の要素があったらそりゃ一発で動くわけないわな。部分ごとに分解してチェックしていくか。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

いつも勝手に見させていただいております(笑
当方も12F675とHitecClite環境で色々とやっているのですが、1つだけ質問よろしいでしょうか?
割り込み処理ルーチンにて
107:static void interrupt warikomi(void)
108:{
109: TOIF=0; //フラグクリア
110:}
と記述すると、コンパイル時に
109行目でundefined identifier "TOIF"というエラーが発生します。TOIF変数はpic12f6x.hファイル内で正式に置換されている名なので、間違いは無いと思われます。
ご面倒かもしれませんので、気が向いたときにでもご返事願えると嬉しいです。

  • 2006/03/03(金) 21:58:53 |
  • URL |
  • MCR #1n9Tsjm2
  • [ 編集]

 

...と、大事な部分が欠如してました(汗
なぜエラーが発生するのか?というのと、対処法が知りたいです。

当方、C言語自体このPICが初めてなのでかなり困ってます。
自分もA/D変換に挑戦する予定です。変換値のモニタリングには、RCサーボを利用する予定です。そのためにも、Timer0,1を利用する必要があるのでこのまま放置できないんです....

  • 2006/03/03(金) 22:03:35 |
  • URL |
  • MCR #1n9Tsjm2
  • [ 編集]

re:こんにちは

当方mikroCを使用しているので勘違いがあるかもしれませんが・・・
INTCON.T0IF = 0;
ではないでしょうか?INTCONファイルレジスタのタイマ0のインタラプトフラグなので、TOIF(←ティーオーアイエフでなくティーゼロアイエフ)

  • 2006/03/06(月) 16:11:27 |
  • URL |
  • omori #-
  • [ 編集]

どうも

お返事ありがとうございます。
言われた事色々として見たのですが、環境の問題かなぁ....と思い始めています。
Timer0が使えなかったんで、無理矢理for文を使用した擬似PWM発振プログラムを組んだらサーボが動いてくれたんで別の意味でとても嬉しかったです(笑
もう少し研究してみます。とりあえず、ブログこまめに見てますので頑張ってくださいね。

  • 2006/03/06(月) 22:12:07 |
  • URL |
  • MCR #1n9Tsjm2
  • [ 編集]

おお初めてコメントが

既に書かれてますけど、タイマ0のフラグはT0IF: TMR0 Overflow Interrupt Flag bit(1)
(データシートの12F6XX.pdfから)ですから”O”(オー)じゃなくて"0"(ゼロ)じゃないですかね。

とりあえずわたしの方は、12F675でa/d変換を単体動作確認するため、残り5本のピンにLEDを付けてみる予定です。うまくいったらまた更新します。

PICネットワーク

私、このブログの管理者を勘違いしていたようですね。すいません(笑
109: TOIF=0; //フラグクリア
で0がОになってしまっていたのは、私が手打ちでここに打ち込んだときのミスで、実際のプログラムはゼロになってます。^;
で、色々と原因調べていたのですが、何となくインクルードで直接12f6~~.h?のファイルを指定した所エラーが消えました。...これは?と思い、思い切って開発環境を再インストールしました。そしたら、通常動作するようになりました....原因不明ってのが一番怖いですね。

こまめにブログ見させていただいてますが、このちょっとしたやり取りが日本のPICc環境を進展させていくものだと私は勝手に思っています。
当方、英語がダメダメなのでデータシートの解読は重労働です。数少ない日本語ページだと、応用的な物しか掲載されておらず、PICに踏み込んだばかりの自分にはとても辛かったです。しかしながらここのブログのおかげで、PICでのLED制御を吸収出来ました。感謝してます。
今は、Timer0,1を使用した正確なμs変数を刻めるプログラムにチャレンジしていますが、難しいです。どのサイトでも、割り込みプログラムを使用した応用プログラムしか掲載されておらず、"Timer0カウントが溢れたらportXの状態を反転させる"などの簡単なプログラムすら出来ません。
"人に聞く時間があるなら、自分で努力して解決しろ"と、昔は良く言われましたが、果たして私に出来るかどうか^;
ブログの次の書き込み楽しみにしています。

  • 2006/03/08(水) 02:42:50 |
  • URL |
  • MCR #1n9Tsjm2
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2008/08/24(日) 21:11:51 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

大人カワイイ シンシアローリー

シンシアローリーの検索サイト。通販、アウトレット、新作、ワンピース、セールなどシンシアローリーに関する各種情報をお届けしています。 http://earlobe4.stuartmembery.com/

  • 2008/08/25(月) 08:46:31 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

デジタル技能検定

デジタル技能検定は、デジタル技能検定協会が主催の検定で、主に広告制作の現場で必須とされるパソコンソフトの実務的な知識や技術を客観的に評価するものである http://marrowbone.stepuptechnologies.com/

  • 2008/11/05(水) 07:53:47 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dmidorikawa.blog39.fc2.com/tb.php/33-c444b4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。