PICとメカな日々

Webにも萌えにも限界を感じたオタクがPICマイコンをいじる日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIC学習キットを作る

 さて、PICで電子工作とか始めてみるにしても、何をやるにしろ

・PICに書き込むソフトウェアの開発
・コンパイルしたデータをPICに書き込むライタ
・PICを動作させる回路

 の三つがないと話にならんわけで。そんで、ソフトの方はフリーのCクロスコンパイラを使用することに決定。開発統合環境のMPLABはメーカーのサイトからダウンロード。

 んで、こないだカホパーツセンターで買ってきたPICライタを組んでみる。ハンダゴテ使うのもカーナビの電池を爆発させて以来だな。

 使っている最中に、ハンダゴテの握る部分が熱くなってくる事が判明。やっぱダイソーで売ってた300円のハンダゴテではダメ。もっと良いのを買おう。

 とりあえず一通り組んだあと、デスクトップのシリアルポートにつないでPICへの書き込みが出来るかどうか試してみる。

 とはいえ書き込むバイナリデータがないと話にならんので、開発環境をインストール。フリーでダウンロードできるらしいが、同じモノが学習キットに付いてきたCD-ROMにも入ってた。

 マイクロチップ社が配布してる統合開発環境のMPLABと、Hi-tech社のPICC-Liteをインストール。さらにPIC書き込みソフトのICPROG.exeもインストール。これで、MPLAB上で書いたソースコードをPICC-Liteでコンパイル&リンクしてバイナリ作成が可能になる。
 
 MPLABのエディタからサンプルのソースコードを入力してコンパイルし(わかる人はわかるだろうが、いつものごとくコンパイルエラーの嵐と戦ったあとのこと)、出来た.hexてえ拡張子の付いたバイナリファイルを書き込みソフトのICPROG.exeでPICに書き込む。

 なぜかDirectXでの書き込みが出来なかったが、WIndows98互換のAPIモードにしたら成功。一度外したあとベリファイして読み出しも確認。

 で、とりあえずPICに書き込み・読み出しが出来ることは確認できたが、秋月で注文した部品がまだ届かないのでPICにはLEDひとつ付いてないので動作確認は出来なかったり。

PICライター

スポンサーサイト

コメント

旅行・留学・アウトドア

旅行・留学・アウトドアを探すなら http://www.leslieshomes.com/200162/101242/

  • 2008/09/17(水) 23:18:43 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

リターンを考える

リターンの検索サイト。リターンズ、キッズ、タックスリターン、花より男子リターンズ、コードなどリターンに関する各種情報をお届けしています。 http://lath4.atmormortgage.com/

  • 2008/12/08(月) 22:00:27 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dmidorikawa.blog39.fc2.com/tb.php/6-b467d996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。